にわか映画ファンの鑑賞記

監督:宇恵和昭
出演者:井上真央、 ジョナサン・シェア、 国仲涼子、 國村隼
収録時間:100分
レンタル開始日:2010-10-08


Story
小栗左多里のコミックエッセイを井上真央主演で映画化。漫画家を夢見るイラストレーター・さおりが付き合っているのは、“漢字”の美しさに一目惚れして来日したアメリカ人・トニー。“外国人なダーリン”トニーの言動は、さおりにとって謎だらけで…。
(C)2010「ダーリンは外国人」フィルムパートナーズ (詳細はこちら



原作漫画が好きでよく読んでいたが、映画館で見るほどの作品でもないだろうと思っていた。

今回レンタルで見たがやはり映画館で見るほどの作品ではなかった。

決して面白くないというわけではないが、映画クオリティではないような気がしてならない。

さおり役の井上真央。ちょっとイメージと違うかな〜って思ってたけど意外とよかった。

トニー役のジョナサンはなかなかはまり役かもしれない。本物はもっとヒゲ濃いけど・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...



トニーの言語オタクっぷりがあまり発揮されてなくて、原作ほどの面白さは無いですな。なんだかほのぼのとした映画で、最後は感動させまっせ〜みたいな。

以前中央線のトレインチャンネルでやってたアニメのほうが面白く、なんか物足りない作品であった。




監督:カーティス・ハントン
出演:アナベラ・シオラ レベッカ・デモーネイ
産婦人科の医師にセクハラされたとして訴えたクレア。その事件は大きな社会問題にまで発展し、ついに医師は自殺。その妻であったペートンは財産を奪われ、ショックで流産してしまう。全てを失ったペイトンはクレア一家に復讐を誓い、ベビー・シッターとして接近。徐々にその狂気を剥き出しにしていく……。

これも映画館でみてるんだけど、1回みただけだから全然覚えていなかった。
この映画あまり有名じゃないと思うが何気に怖い。

何気にというか、相当に怖い。女の復讐は恐ろしい。

セクハラされ、すぐに訴えるところが実にアメリカ的かもしれない。しかしここで別の解決方法があればペイントも流産しなかっただろうし、全て失うこともなかったろうに。


何気にこの人が結構よかった。ペイントにはめられたが、最終的に信頼を取り戻すことができます。

小品であるが一級品のサスペンスであることに違いありません。

監督:カーク・ウォン
出演者:ジャッキー・チェン、 ケント・チェン、 プア・レンレン
収録時間:117分
レンタル開始日:2005-10-28

Story
ジャッキー・チェンの代表作の新シリーズとなる刑事アクションがデジタルリマスター版で登場。香港警察の犯罪捜査を引き受けたエディは、不動産王・ウォンを護衛する任務に就く。しかし、エディはあっさりと彼を犯人に誘拐されてしまい…。 (詳細はこちら

a73c24e0.bmp邦題が「新ポリスストーリー」となってますが、「ポリスストーーリー」シリーズとは全く関係ありません。

実際にあった誘拐事件を元に作られた映画です。

かなりシリアスな作品で、従来のアクションコメディを期待してみると
がっかりするかもしれません。
NGシーンもありません。
アクションシーンも痛々しいです。

成龍は一貫してアクションコメディをやってきました。
そのため違ったことをやるとファンが受け入れられなかったりするのかもね。

洪金寶はアクション以外にもいろんな作品をやってきてるから
こういったシリアスな作品にでてもファンは受け入れることができたのかも。

成龍の演技力もかなりのものだと思うし、アクション以外の作品でも
やれそうだけどね。

何歳までやるつもりなのかな〜?
でも劉家良もかなりの年だけど、「超酔拳」でアクションやってたし
案外年取っても出来るのかも。
日ごろから鍛えてるだろうし。

リングにはらせんという続編があるにもかかわらず、全く別の続編が出来てしまいました。

らせんがあまり怖くなかったからでしょうか?

原作無視の映画オリジナルストーリーです。

しかし後半になるに連れてよくわからなくなっていきます。

96分しかないのに冗長な感じです。



で、一番怖かったシーンは・・・





深田恭子が・・・

フカキョンが・・・











監督:中田秀夫

Story
中田秀夫監督、高橋洋脚本のコンビによる、観た者は1週間以内に死ぬ“呪いのビデオテープ”の恐怖を描いた傑作ホラー『リング』の続編。30年前に殺されたはずの貞子の死体が古井戸から発見されるが、死亡時期が1〜2...(詳細こちら

監督:中田秀夫

出演:ナオミ・ワッツ サイモン・ベイカー



アメリカ版リングの続編。1作目は映画館で一度見たきりですが、日本版リングと全然変わらない作品だったと思う。テレビから出てくるところも同じような感じだったと・・・。

ってことで今回1作目は見直さずに続編をみてみた。

この作品は日本版のリング2ともらせんとも違う完全オリジナルストーリーです。

しかし、呪いのビデオというのもオープニングだけで途中からビデオは全然関係なくなっていきます。

まあ、2005年製作だからビデオも古いメディアになっているからしょうがない。DVDの呪いには出来なかったのだろうか?

しかしビデオを見ずに延々と追いかけてくるところなんでリングの必要性が全く無い。それに特に怖くない。

完全版だからなのか、冗長で退屈します。



テレビ画面に吸い込まれてい、井戸に落ちて夢から覚めればハッピーエンド

よくわからん。・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...



監督:ディン・シェン

出演:ジャッキー・チェン ワン・リー・ホン 

紀元前227年、戦国時代の中国。ある時、大国・衛(えい)の軍が弱小国の梁(りょう)に攻め入る。ところが、梁軍の待ち伏せに遭い、激しい死闘の末、両軍共にほとんど全滅してしまう。そんな中、死んだフリをして生き延びた梁の名もなき老兵。彼は偶然にも、深手を負った衛の将軍に出くわし、捕虜にすることに成功する。さっそく、報奨金をもらうため彼を自国に連れ帰ることに。こうして、対照的な2人の奇妙な旅が始まるが、そんな彼らに、自国の将軍暗殺を目論む衛の捜索隊が迫っていた。



日本で劇場公開されるとは思っていなかっただけに映画館で見れたのは嬉しい。しかし、上映劇場が少ない・・・・



戦国ものがあまり好きではないので期待していなかったが、コメディタッチで戦国ものが苦手な私でもほどほどに楽しめた。

ジャッキーは弱く、終始逃げ回る。よってアクションシーンにいまいち迫力もないし、レッドクリフのような壮大さもない。

しかし、今までワンパターンの映画ばかりだったジャッキーだがこの数年で演技の幅は非常に広くなったように思う。



矢で射られて死ぬエンディングはあまり好きではない。

今回のヒロインの女性は何者だったのかよく判らない。最後の子供も何者だったのかな?

エンドクレジットのNGシーンは必要なかったような気がする。



監督:サム・ライミ

出演者:トビー・マグワイア、 キルスティン・ダンスト、 ジェームズ・フランコ、 トーマス・ヘイデン・チャーチ、 トファー・グレイス、 ブライス・ダラス・ハワード

収録時間:139分

レンタル開始日:2007-10-17



Story
サム・ライミ監督、トビー・マグワイア主演によるVFXアクションシリーズの最新作。新たなる敵・サンドマンらとの死闘に加え、謎の黒い液状生命体に取り憑かれ、復讐と憎しみの感情に支配されたブラックスパイダーマンとなるピーターの心の葛藤を描く。 (詳細はこちら



シリーズ映画も3作も続くとさすがにマンネリ化してくる。映画館で見る場合期間があいてるのでそう感じないがDVDで続けてみるとうんざりしてくる。

これだけを見れば単純に面白いが前2作と比べてしまうとどうしても少し落ちる。

まずどこかから落ちてきた黒い生物がなになのかよく判らない。

ハリーは何故こんなに強くなっちゃうの?2のときピーター殺せなかったのに本気で殺しにきてるし。

サンドマン誕生シーン。このシーンは凄いですな。

黒いスパイダーマン ゴキブリみたいでしょ

今回もまたMJが危機に。毎度のことだから慣れたでしょう。

執事がハリーに真実を話すシーン。話すの遅すぎ。何故秘密にしていた?

颯爽と助けに来たハリーが格好いいね。でもハリーだけ人間でしょ?他の3人は怪人になってるけど

このエンディングは悲しすぎ。

アクションシーンはシリーズで一番派手だったかも・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

監督:チェン・チーホワ
出演:ジャッキー・チェン






実力がないくせに強がってばかりの青年が、雑用の仕事に就くが、雇い主は女盗賊だと分かり逃げ出す。道中、賞金稼ぎがお尋ね者と対決しているところに遭遇、両者相打ちとなる。青年は賞金稼ぎになりすまし賞金を手に入れるが、女盗賊と再会。あわや、というところで彼は謎の老人に救われる。老人は彼に秘薬をもらってくるようにおつかいを頼む。だが、秘薬を狙う女盗賊、山賊、老人の弟子が襲いかかり、大激闘を繰り広げる。青年は、散らばった武術書を読みつつ闘い、即席の拳法で敵を倒すのだった。




ジャッキー初のコメディ作品。モンキーシリーズ4作目だけど、製作は一番古い。
ロー・ウェイがお蔵入りにしたが、その後ジャッキーが人気でたので公開された。

結構やり放題のコメディです。オープニング色んなコスプレジャッキーが見れます。
日本版主題歌はゴダイゴのタケカワユキヒデ作曲です。

道に生えてるほうれん草を食べると強くなる。ポパイやね

屁っこき師匠は石天さんです。この人の吹替だれだろ?面白いです。

カツラヌンチャク /~\o=(;゜ロ゜)=o/~\ アチョアチョォー!!

闘牛拳?

秘伝書を見ながら戦うのでカンニングモンキーらしい。
開脚、O脚バタ足ふぐ刺し。たんそく、反則、遠足、早速、結束なんでもやれ。




とても珍しく辮髪風の髪形です。ジャッキーやりたい放題のコメディです。日本語吹替えもやりたい放題です。










収録時間:121分


レンタル開始日:2002-10-23





Story
全米歴代興行収入第5位、日本でも記録的ヒットを放ち、早くも第2弾の公開が2004年に決定したサム・ライミ監督による大ヒットVFXムービー。ピーターは大学の研究所を見学した際、遺伝子組み換えのクモに刺され、身体(詳細こちら


実写版スパイダーマン。70年代の実写版に比べるとめちゃ派手です。


主人公のーターが蜘蛛にかまれて超人的な力を手にします。


手首から蜘蛛の糸が飛び出します。原作では確か天才的頭脳で蜘蛛の糸が飛び出すブレスレッドを自作してたはす。この後ビルの屋上からターザンやるねん。ためしに屋上から飛び降りれるのがすごいな。


この人がヒロイン。ヒロインが可愛くない。この映画で唯一気に入らない・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...


蜘蛛の糸でビルの間を飛んでいくシーン。こればっかりは今のCG技術でないと作れなかったらしい。





初めから続編を意識して作っていたのだろうか?


親友の父親と戦うのがなんとも悲しい。

映像に迫力もあったり、音響効果もとてもよかった。

普通に面白いが、突込みどころはあんまりない・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...




監督:竹本弘一

出演:香山浩介



スパイダーマンの劇場公開版。

劇場版といっても本編はたったの24分。

スパイダーマンの敵は鉄十字団。いわゆる特撮戦隊ものと同じ。

劇場版はテレビ版よりアクションシーンが少し多いかな。

鉄十字団のアジトです。

海魔王と戦います。非常にチープです。

スパイダーストリングスって単なるロープやんけ。せめて蜘蛛の糸風に白色にしてくり。

巨大化した敵と戦うお決まりパターン。

そして巨大ロボ。

サム・ライミ監督がスパイダーマン初映画化って謳ってたけど、日本で既に映画化されてまんがな。



監督:ドン・マクドゥガル

出演:ニコラス・ハモンド



アメリカの実写版スパイダーマンです。スパイダーマンが香港に行きます。

水上生活者が沢山いる時代ですな。今の香港じゃ見れない景色です。



で、いろんなことがあって香港に行くピーターであった

ここから香港の観光ビデオになります。



アメリカ人の仲間が黒社会にさらわれ、スパイダーマンが追いかけます。

香港らしく、船で・・・





JAMBO料理店で・・・毒矢でやられるスパイダーマン

病院に運ばれるスパイダーマンの図

針治療のためマスクをはがす・・・

針を刺すと一瞬で治ります。東洋医学は凄い。

ビルを登るスパイダーマン。

いよいよ佳境です

功夫の使い手を一瞬で倒します

無事救出

地元警察に電話するの図

今のスパイダーマンに比べるとめちゃ地味。

アクションシーンもいまいち。

テレビシリーズだから予算もなかったのでしょう。だったら香港ロケしなくても・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

出演:芳本美代子 西川弘志

柳沢きみおのギャグ漫画の実写化



原作のイメージとはかけ離れております。世界って名前も体もでかい。新一はチビ。実写版だと新一のほうが大きい。



名前まで変更されています。



藤波君は丸坊主でないとね・・・。



原作の連載が82年に終わってるから、随分経ってからの実写化です。

この手の漫画を原作に忠実に実写化することじたい不可能と思ったのか、全く別の作品です。ストーリーも原作のエピソードを中心に大幅に脚色されています。

しかし、どの役者も微妙な演技をやってくれます。

一応コメディ路線ですがいまいち笑えない。原作のファンとしては満足できない作品でありました。











監督:マイケル・ホイ

出演:マイケル・ホイ サミュエル・ホイ リッキー・ホイ

マイケル・ホイ監督第二作目。当時日本でも人気があり、ホイ兄弟が3人揃っているにも関わらず日本では未公開。幻の作品となっておりました。

Mr.BooのDVD−BOXもこの作品の代わりに鉄板焼が収録されてるから日本でのソフト化は不可能なんでしょうな。

香港映画って何気にブラックなコメディが多くて、精神病が舞台のコメディってだけで規制されてるのでしょうか?

リー(サミュエル・ホイ)自称天才看護士。格好いい



ティム(マイケル・ホイ)病院の雑用係。やる気なし。死んだ患者から金歯盗む悪人



で、この患者の持っていた明代のお宝を探しに行くのであった。



これ仮面ライダーV3ですか?変やで・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...



この患者、沢山金のあるところ知ってるってさ。





で、言われたとおりいくと・・・

















確かにお金がたくさんある場所だな





なんとか宝のありかを聞き出そうとするが、心臓病で死んじゃうのよ。



で、脳がまだ死んでいないらしくいろいろ聞き出そうとします。姫に伝えたいことがあるらしく、二人は姫を探しにいくのであった。

石天さん。めっちゃ微妙な日本語喋ってくれます。

リッキー・ホイ登場。出番少なっ。

で、運良く姫をみつけ、沈没船のありかまで判ってしまいます。



ついに明代のお宝を発見したと思いきや・・・

じつは全てニセモノ・・・



お金持ちになれなかったティムはいかれてしまいます。(* ̄ノ ̄)/Ωチーン (* ̄- ̄)人 i~ 合掌



随所に流れるサムの音楽がとてもよいす。当時レコードは日本でも発売されたから曲だけは上陸してるんですがね。

中盤ぐらいまでは結構テンポよく面白いが、姫探しが少しだれる。宝を見つけた後もよそうとおりの展開といえます。

とはいえ前作のギャンブル大将よりこちらの作品のほうがはるかに楽しめるように思う。

マイケル・ホイは喋りで笑いを取れる人ですから、ネイティブに広東語を理解できる人ならもっと笑えるのでしょう。

広川太一郎吹替で発売されれば・・・なんて思っていましたが、今となっては永遠にかなわない夢になりましたな。

高木ブーに似ているからMr.Booって邦題が付いたらしいです。そんなに似てるかな〜?

監督:高寶樹

出演:カサノバ・ウォン ヤン・サイクン チン・シウトン



以前「燃えよデブゴン お助け拳」のDVDを見たとき予告編が収録されてて、すげー面白そうだった。

古い映画タイトルが右から左に書かれています。縦書きなのかな?タイトルが縦書きなのはいいが、字幕も全て縦書きでめちゃ読みにくい。



カサノバ・ウォンこわれまくり。しかしなんでこんな髪型やねん。初期のジャッキー・チェンの流れるような髪形はアクションシーンを派手に見せるためだったとか。ってことはカサノバ・ウォンもそのための髪形かしら?



チン・シウトンと孟元文。

絶対、ユエン・シャオティエンの真似やんな〜

この人なんて名前なんだろ?めっちゃ色んな映画に出てるよね。



前半あまり活躍しない、ヤンサイクンですが、最後は異常に強いです。

コマ落とししすぎだろといいたくなるぐらいスピードが速い。

ってことで予告編をどうぞ。





新顔の労務者・鄭(向華強)は真面目な仕事ぶりを買われて、ボスの白狼に引き立てられ要職についた。商工会会長・李の命を狙っていた白狼は、暗殺には成功したが鄭の知るところとなり、鄭を始末しようとする。重傷を負った鄭は逃げ延びて小虎ら孤児院兄弟姉妹たちに助けられた。殺された李会長の娘・佩欄(孫嘉林)は、父の仇を討ちに来て憎い犯人とは知らず白狼の接待を受ける。そのため鄭を敵を思い込むようになるが、孤児たちから真相を聞き、仇討ちの機会を伺った。佩欄は単身で白狼の屋敷へ乗り込んで決戦を挑み、鄭が駆けつけて協力、荒野へ出て死力を尽くして戦う。

監督:ウー・ミンシュン

出演:ズン・チャーリン チャールズ・ヒョン



最近DVDとインターネットが普及したおかげでたいていの作品は見る事ができるようになった。相当カルトな作品であっても世界のどこかでDVD化されていたりする。

しかし、この作品は海外版も含め長い間見る事が出来なかった。日本では吹替えで劇場公開されたらしいがビデオ化もされていないでしょう。



主演の向華強はその後何本か香港映画に出演しているがあまりしらない。・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...



孤児の子供たち。全然知らんが子供が活躍するのは台湾映画の特色かもしれない。



ようやく女ドラゴン登場。本編が始まって42分たちまっせ。この時代にしては結構良くできている。



最近の映画のように短いカットの繰り返しで見せる功夫シーンでない。この時代のほうがやっていることは凄いでしょう。

しかし、向華強のアクションシーンはブルース・リーの真似っぽい。

最後は荒野での戦いとか、この時代の功夫映画のお決まりパターンですな。

子連れドラゴンってタイトルはどうなのかしら



台湾映画なのに何故かショウ・ブラザーズが製作らしい。


監督:ロー・ウィンチョウ
出演者:ミリアム・ヨン、 リッチー・レン、 ジャスティン・ロー、 マギー・シュウ
収録時間:98分
レンタル開始日:2010-03-26


Story
乳がんに冒された女性が絶望を克服し病気に立ち向かう姿を描いたヒューマンドラマ。広告会社に勤めるキャリアウーマンのビンゴは、ある晩バーで知り合った精神科医のヴィから、乳房にしこりがあると指摘され…。主演はミリアム・ヨンとリッチー・レン。 (詳細はこちら

一応日本でも劇場公開されてるみたいですね。ミリアム・ヨン主演作品は沢山あるが、DVDにおいて日本メーカーのやる気の無さが出ているものばかりです。

2006年作品なのに画質も音も悪い。香港のトップスターでも日本での扱いはこの程度のものです。



相手役のリッチー・レンも結構有名な歌手なんですが、日本じゃ全くもって無名でしょうな・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...





今回のミリアム・ヨンは髪の毛が黒い。赤毛のイメージしかないのに・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

乳がんというテーマであるがコメディタッチの演出が重くなく程よい。

乳がん発覚後も前向きなミリアム・ヨンですが、失踪した元彼に騙されてヤケをおこします。で、リッチー・レンのおかげで立ち直って手術をするんだな。

リッチー・レンがミリアム・ヨンを車で轢こうとするシーンとか結構面白い。

ミリアム・ヨンの出演作はどれもこれも似たようなものばかりだが、この作品も他の出演作とあまり変わらないようにおもう。

最後にハッピー・エンドで上手くまとまるのも良い。







監督:何夢華

出演:岳華 何藩 彭鵬 田深 



ご存知の通り西遊記のエピソードのひとつです。以前観た「ドラゴン・キングダム」で主人公の自宅のテレビで映ってたのがもしかしてこの映画かな〜って思いまして。






















孫悟空 見ての通り猿です。マチャアキ版西遊記はこの作品がベースになってるのかもしれない。
猪八戒 豚です。中国語で猪は豚の意味です。
沙悟浄 カッパではありません。そもそも中国の小説に日本の妖怪、カッパが登場するわけがないです。


三蔵法士です。実在しましたね。日本で映像化されると必ず女性が演じますが、男ですから。

で、鐵扇公主はものすごく有名なお話です。火炎山の火を消すには鐵扇公主のもつ芭蕉扇だけです。いかにして芭蕉扇を手にして火をけすのでしょうか。

ドラゴンボールでもこのエピソードは描かれています。

で、タイトルが鐵扇公主ですが、それは前半だけです。後半は白骨精姉妹のお話です。

このエピソードあんまり記憶にないが、最近ではTWINSがこの役柄を演じていたように思います。

この作品では駆け出しのチャン・ペイペイとリリー・ホーが演じています。



いきなりミュージカルになるねん。京劇は中国の文化ですからね〜

後半はアクションシーンも結構沢山あるが、それほどよくない。アクションがシーンの撮り方が良くなるのは70年代後半ぐらいからだろうか?

しかし、ちゃんペイペイが結構がんばってた。一瞬で白骨化してしまうが・・・



マチャアキ版西遊記よりも10年以上前の作品ということを考えると相当にクオリティが高いように思う。





監督:レニー・ハーリン

出演:シルベスター・スタローン



以前発売されていたDVDがとにかく画質が悪い。今回ブルー・レイで見たが、高画質高音質で非常によかった。

しかし、特典映像は予告編のみという結構お粗末な出来です。海外版には特典満載なんですがね。



オープニングのシーンが有名です。このシーンが一番緊張感があります。掴みはOKというところでしょう。

クリフハンガーのタイトルどおり手に汗握る連続活劇であります。



山岳救助隊のスタローンがテロリストと戦います。普通なら勝てるわけもないが、雪山ではスタローンのほうがプロなのでしょう。



30億円の焚き火です。テロリストにも金を燃やしたといっても信用されないのは当たり前だな。



テロリストのボスやばす。金を手にしたら全員殺して独り占めしそうです。敵同士が非常に仲が悪いのもスタローンを勝利に導いたのでしょう。



やはりBlu-ray画質はDVDと比べ物にならないほど綺麗です。

この映画、2年ほど前に続編の噂がでたがどうなったのだろうか?

スタローンのアクション映画の中では一番面白いかもしれない・・・







1966年 ウィリアム・ドージア・プロ/20世紀フォックス
アメリカ作品


監督:レスリー・H・マーティンソン

キャスト
アダム・ウエスト→ブルース・ウェイン/バットマン
バート・ウォード→ディック・グレイソン/ロビン
アラン・ネイピア→執事アルフレッド
リー・メリウェザー→キトカ/キャットウーマン
シーザー・ロメロ→ジョーカー
バージェス・メレディス→ペンギン
フランク・ゴーシン→ナゾラー
ニール・ハミルトン→ゴードン市長
スタフォード・レップ→オハラ署長

レジナルド・デニー→発明家のシュミットラップ提督



テレビシリーズのバットマンの劇場版です。今のバットマンはダークな映画ですがこの頃はギャグです。テレビシリーズは以前WOWOWで放送され、めちゃくちゃな吹替で別作品になりましたな。

基本テレビシリーズと変わらないがやはり映画なので多少凝ったつくりになっています。



バットマン いきなりサメにかまれます。作り物のように見えるが本物です。



バットコプターにサメ退治のスプレー、バットスプレーが都合よく置いてあります。バットマンに届けるべく、ロビンはバットはしごをおります。バットコプターは誰が操縦してるねん。全編説明口調で子供でもわかりやすいのかも。



4人の悪党が手を組みバットマンと戦います。ペンギンの役者はロッキーシリーズでおなじみですな。



テレビシリーズと々で効果音が文字ででます。先にティム・バートン監督のバットマンを見ていると、このゆるさはどうなのかしら?

こっちが子供向けで今のバットマンは大人向けというところでしょうか?

最近のバットマンはダークになりすぎてるからこっちのほうが気楽かな。




監督:チェン・カン ホア・シャン

出演:ティ・ロン シー・ズー ロー・リエ 



武器のインパクトからか空とぶギロチンは色んな映画で使われていますな〜。

前作の空とぶギロチンの正統な続編として作られています。さすが、ショーブラザーズ作品です。前回見た「盲坊主対空とぶギロチン」とは比べ物にならないクオリティです。

この映画の曲が伊福部昭の曲に似ていると思ったのは私だけでしょうか?





主演女優の施思 綺麗な人ですな。ティ・ロンより活躍してます。



後ろにいるのはファン・メイサンですな。

空とぶギロチンをどうやって破るのか?こんな傘の骨みたいなもので破れるのだろうか?



最後がやっぱり見せ場ですな。



主役が死ぬのか?嘘やろ・・・



ティ・ロンが殺されそうになったところで映画終了。ありえん・・・。

こういった映画って政治とかと無関係じゃないしある程度中国の歴史しっていたほうがいいのかな〜って思う今日この頃です。

監督:シルベスター・スタローン

出演:シルベスター・スタローン  ジェイソン・ステイサム 李連杰 ミッキー・ローク



とにかく出演者が豪華で、是だけのメンバーを集めればそりゃ話題にもなりますわな。

スタローンの映画を劇場でみるのは・・「ロッキー5」「クリフハンガー」「オスカー」「刑事ジョー」「ロッキー・ザ・ファイナル」「ランボー最後の戦場」7本目ですな。

何気にスタローン映画は結構見ています。

たいしたストーリーもなく、全編アクションだけがひたすら続き、なんか疲れました。

アクションシーンの模写は前作のランボーほど残酷さはないが、カット割りが細かくやたら動き回るので何をやっているのか良くわからない。

出演者がそれぞれの個性を生かして活躍するってわけでもなく、ひたすら撃ち合って、爆発して・・・そんな感じです。

スタローンが走るシーンはやたら身体が重そうに感じたし、そういった素早い動きがいるシーンならやはり小柄な李連杰のほうがむいているだろう。

いくらこのメンバーが最強といえど、まともの戦って誰一人死なない。それはいいのだが戦い方にもっと戦略があれば納得もできたのに。





しかし64歳スタローンの筋肉が相当にやばい。若い頃よりマッチョな気がする。



ダイ・ハーゲーのブルース・ウィリスとシュワルェネガーとの3ショットは何気に貴重かもしれない。この3人が揃ってるだけで客が入るような気もする。ちなみにブルース・ウィリスですから。ウィルスではありません。

出演者はおぢさんばかりです。若者がいません。出演者全員がエクスペンダブルズでしょう。しかしこの人たちに代わる若いアクションスターというのも思い当たらない。

大ヒットしているので続編もあるかもしれないが、次はきちんと中身のある映画にしてもらいたい。



エンドクレジットでいきなり日本語の歌が流れますが、いかんせん良くない。松竹は何をかんがえているのか?長渕剛の曲らしいが、日本版の曲を作るノリは80年代ですな。不許可であ〜る。

監督:屠忠訓
出演:勝利太郎

勝新太郎の座頭市をコメディにしたような映画です。めちゃ画質悪い。
海賊版ビデオからコピーしたのだろうか?ノイズも多いし音声も飛びます。当然テレビサイズにトリミングされています。こんな品質の悪いDVDがキングレコードのDVDと同価格で売るとは・・・。恐るべし、ドラゴン・フィルム。
期待は全くしていなかったが思った以上につまらなく、2倍速で鑑賞。

空とぶギロチンも当時結構流行していたし、座頭市も人気あったからそれの偽者作って儲けようって魂胆かしら?ブルース・リーが死んだ後偽ブルース・リー映画が大量に出てるから別にこういった作品は驚かない。しかし、
しかしなかなか空とぶギロチンでてこないな〜…( ̄。 ̄;)ブツブツ

1時間20分経過・・・ようやく空とぶギロチン登場。しかし、接近戦でギロチンは役に立たない。もっと離れて戦えばいいのに・・・。


カルトムービーファンにはたまらない?
私はそこまでカルト映画好きではないので、もう二度とこのメーカーのDVDは買わない。

監督:ジミー・ウォング

出演:ジミー・ウォング カム・カン

 「片腕ドラゴン」の続編で監督・主演は同じくJ・ウォング。前作で片腕になりながらも強敵を倒した主人公は、今回は武術道場を開いている。そして参加した大武闘大会で“空飛ぶギロチン”(というより回転ノコなんだけど…)を駆使する謎の老人を見る。その老人こそ、前作で仕留めた悪漢の師匠であった!





盲目の師匠は空とぶギロチンを使って復讐にでかけるのであった。





盲目の師匠は片腕の男を片っ端から殺して生きます。





無差別試合です。ヨガの人は手が伸びるねん。





片腕蛇拳の人がでると・・・



ギロチンの餌食になります





道場を解散しようとする王羽の前に盲目の爺さん登場。

盲目のじいさん。ついに王羽と対決。最初の戦いは王羽が逃げてすぐに終了。





王羽対ヨガ なんとかヨガに勝利。





盲目じいさん。またも登場 しかし王羽逃げたあと。





対決に備え準備万端





裸足の男相手に、焼いた鉄板の上での戦い。王羽 卑怯です。





無敵勝流の日本人との戦い。辛くも勝利。



で、いよいよ空とぶギロチンとの対決。



竹を使ってギロチン攻撃を防ぎます。





さらに、眼の見えない老人を鳥の沢山いる小屋におびき寄せます。鳥の鳴き声で耳まで防ごうとは・・・

王羽 卑怯です。





さらにあらゆるところに斧が飛び出す仕掛け 王羽 卑怯です。





盲目のじいさんは棺おけにはいってしまうのだった・・・。

監督:ロー・ツェ

出演:シェン・スンツェン
カン・チャオミン

両腕のない男と両足の萎えた男が活躍する伝説の作品。そうとうレアものらしいが、高校のときに一度見ているんだな。

何故か近所のレンタル店の置いてあったので。・・



オープニング、いきなり両腕を切るところから始まります。



両腕を失くした李は苦労しながらも百姓に助けられ、立ち直るのであった。



で、冒頭に李の両腕を切り落とした男、張が組織のおきてに背き、足に変な薬品を垂らされます。足の失くした張が助けを求めさ迷っていると李と再会する。

そして、李の復習が・・・





洞窟で張を痛めつけていると、謎の老人が・・・ この老人に諭され、李と張は拳法を習うことになる。二人で一人前。



修行のシーンが続きます。



で苦労して拳法を習得した二人が林に復習をします。



でた!合体カンフー



で、復習をはたしEND



最後は師匠役の軟体術 師匠はヨガの達人らしいです。



李と張の功夫デモンストレーションが楽しめます



 

何気に続編も存在するらしいが、いまだに見たことは無い。

とまあ、ほんの少しだけカルトな映画を紹介してみました(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪

 

監督:アンドレイ・コンチャロフスキー
出演者:シルベスター・スタローン、 カート・ラッセル、 テリー・ハッチャー、 ジャック・パランス
収録時間:104分
レンタル開始日:2010-07-16

Story
シルベスター・スタローン、カート・ラッセルの共演で贈るハードポリスアクション。麻薬犯罪組織のボスによって無実の罪を着せられた刑事のタンゴとキャッシュが、汚名を晴らすべく組織に立ち向かう。 (詳細はこちら


原題はタンゴ&キャッシュ。二人の刑事の名前です。なんでデッドフォールなんて邦題になるのか?もっと緊張感のあるアクション映画だと思っていたが全然違った。
前半は刑事二人の活躍が描かれて、中盤は脱獄アクションで終盤は復讐。
良くも悪くもない普通のアクション映画です。
少しコメディ路線なのはカート・ラッセルのおかげでしょうか。
この作品の後、「オスカー」「刑事ジョー」とスタローンはコメディ路線に行きます。
こういった気楽な作品は最近あまり無いように思う。
しかし、Blu-Rayの特典映像が予告編しかないのが残念ですな。

監督:ニール・ジョーダン 

出演:ジョディ・フォスター ナヴィーン・アンドリュース テレンス・ハワード

ニューヨークでラジオパーソナリティをしているエリカ・ベインはデイビッドとの婚約を目前に控えていた。ある夜2人で犬の散歩をしているところを3人の暴漢に襲われ、デイビッドは殺され自身も瀕死の重傷を負ってしまう。回復後、警察の捜査に不満を覚えたエリカは、法定期間を待たずに不法に銃を入手し、犯罪者を自らの手で殺して行き、自分たちを襲った犯人を捜し出そうとする。エリカは取材を通して刑事のショーン・マーサーと親交を深めるが、彼は事件から短期間で立ち直ったエリカに違和感を覚え、次第に彼女が”謎の執行人”ではないかと疑い始める



ジョディ・フォスター主演のブレイブ・ワンをみました。製作総指揮もジョディ・フォスターです。

子役から大活躍のジョディ・フォスターですが日本で有名になったのは「羊たちの沈黙」からでしょう。その後、自身で監督したり、プロデュースしたり精力的に活動してるようです。

何の予備知識もなく見ましたが終始緊張感がありなかなか面白い。

違法な銃を手にして自身の手で犯罪者を裁いていくのは怖い。最初の一人を殺したときは手が震えていたりしたが、二人目以降は手も震えず随分あっさり殺していきます。

どういったエンディングが待ち受けてるのかとおもいきや、そんなエンディング無しだろーといいたい。

悪党を大量に殺しても無罪放免。捜査してた刑事もジョディが犯人って判っても捕まえない。




















監督:フランキー・チェン


出演:ティ・ロン アニタ・ユン





幼い頃に父を殺され、その仇を討つことを決意した男の壮絶な戦いを描いた武侠アクション。





ティ・ロン主演の時代劇なんで勝手に70年代の映画だと思って借りた。アニタ・ユンが出演しているのも借り手から気づいた。


ショウブラザーズのアクションスターだったティ・ロンも日本で知られたのは男たちの挽歌ぐらいでしょうか。ティ・ロンが主演といえばショウブラザーズの映画だとばかり思い込んでいました。90年代前半、シネマシティ作品なんかもありましたが、日本ではまだまだゴールデンハーベストの独占市場でした。


しかも、ティ・ロンの髪の毛ふさふさ。カツラだけど・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
















この人が監督のフランキー・チェンです。


いい役柄演じてます。


音楽家で役者で映画監督で多彩な人ですな〜





90年代主流のワイヤーを多用したアクションです。
















結構シリアスな映画になるはずが、アニタ・ユンのおかげか妙なコメディになってます。


他にも女優結構でてたけどしらんひとばっかり。


アニタ・ユン90年代けっこう活躍したけど、殆どの映画は日本未公開。日本の知名度は低いだろうな〜。





結構爆破シーンとかも多くてそれなりにがんばってるが、いまいち物足りない。





ティ・ロンはさすがの貫禄で存在感がありますが、それだけです。



監督:ドン・マンシーニ
出演者:ブラッド・ドゥーリフ、 ビリー・ボイド、 ジェニファー・ティリー、 レッドマン
収録時間:87分
レンタル開始日:2005-12-22

Story
悪魔の人形が繰り広げる惨劇を描いた大ヒットホラーシリーズ第5弾。チャッキーとティファニーを自分の両親だと確信した人形・シットフェイスは早速渡米。ふたりを呪術により復活させるが、チャッキーたちはシットフェイスの教育方針を巡って対立し…。R-15作品。 (詳細はこちら



墓場で死んだはずが、また修理されています



この不細工が子供、娘らしい。いや息子か。両方やね。名前は男の時はグレン。女のときはグレンダ。是ってエドウッドの映画からとったのかしら?

何故チャッキーは人を殺すのか?

それは人殺しが趣味だからです。麻薬と同じで癖になるってさ。



全く怖くない。やり放題です。下ネタもあります。もうどうでもいいっす。

監督:ロニー・ユー
出演者:ジェニファー・ティリー、 キャサリン・ヘイグル、 ニック・スタビル、 ブラッド・ダーリフ
収録時間:89分
レンタル開始日:2004-03-20

Story
悪魔の人形が繰り広げる惨劇を描いた大ヒットホラーシリーズ第4弾。チャッキーの手により惨殺された後、人形として甦ったティファニー。チャッキーは花嫁となったティファニーと共に、人間の身体を手に入れるべく恐怖の殺戮ハネムーンに旅立つ。 (詳細はこちら

無題一応前作から続いています。遊園地のファンでこっぱミジンコになったチャッキーを修理するところから始まる。
チャッキーを修理したのがチャールズ・レイの昔の恋人で。この恋人をチャッキーが殺して人形にとりつかせて花嫁になります。ってことで最初からチャッキーはつぎはぎでパンクな感じ。
もはやホラー映画ではない。二体の人形の喧嘩はコメディアニメでしかない。残念。
無題

今回のチャッキーは自分の墓で死にます。でもまたいきかえるのだろう・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
無題

このときから続編考えてたのか?チャッキーの子供産まれます




監督:佐藤純彌
出演:緒形直人佐倉竜彦
ジョイ・ウォン宗美々
本田博太郎フジ・タカシ(北京原人)
小松みゆきヤマト・ハナコ(北京原人)
小野賢章ケンジ(北京原人)
片岡礼子竹井桃子
小島一慶江戸良一
坂上忍長崎
佐藤蛾次郎轟博士
長谷川初範桑沢
ケント・ギルバートハーマン
北大路欣也小島博士
丹波哲郎大曽根
哀川翔志村大尉
大竹まこと内閣情報室長
下絛アトム医師
引田天功
北京原人の頭蓋骨の化石から取り出したDNA操作で現代に甦った、北京原人と人間との交流を描いたSFドラマ。
 第二次大戦中に失われたはずの北京原人の頭蓋骨を手に入れた日本政府は、有人シャトルにより宇宙空間において原人のDNA操作を行なう。しかし、そのとき隕石がシャトルに追突。原人たちのDNAを積んだポットは地球に落下してしまう……。

東映50周年記念超大作。副題のWHO ARE YOU?は北京原人の役者がだれなのか?ってシークレットな意味があるそうだが、そんなことはどうでも良い。
物語は戦時中に頭蓋骨白骨から始まるがいきなり2001年になる。

で、緒方、片岡、初範の3人は北京原人の頭骨から採取したDNAで復活実験を行っている

何故かわざわざ宇宙空間で行っています。

生命工学研究所の丹波はマンモス作ったり、北京原人作ったりと、国家予算を自由に使っています。

スペースシャトルで実験してる最中に隕石にぶつかり北京原人の実験カプセルが地球に落ちます。
で、その北京原人を緒方と片岡が追いかけます。

北京原人を追いかけて無人島にやってきます。
家族三人の北京原人を上手く発見しますが、何故か服を脱ぎ出す緒方。

で、残された片岡はどうしたかというと・・・

全員裸・・・


で、結局催涙スプレーで眠らせて日本へ・・・。


で、北京原人はたかし、はなこ、けんじと超適当に命名される。

で、北京原人を陸上競技大会に出場させます。

人間と変わりませんな・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

ジョイ・ウォン様、仮面の変わる中国伝統奇術で子供の気をひきます。

さらわれた子供を追いかけてきたたかしは何故かプリンセス天功のアシスタントをやります。

ジョイ・ウォンの手により万里の長城に連れてこられます。しかし、誰も居ない。

何故か野生にかえります。原人が叫ぶとモスクワのマンモスが暴れ出す。


原人を追いかけて北京からモンゴルまで走ったジョイ・ウォン様

美しい。

日本に残された花子は緒方の手により中国に・・・
緒方はなんで飛行機の操縦ができるねん。

マンモスと原人が山に帰っていき、感動のエンディング・・・。

ジョイ・ウォン様。最後は何故か全て日本語になってます。
ウパー

で、何気に楽しかった。
 
しかし大作と言われる作品が何気に各社ともこけている。
にっかつが80周年記念の「落陽」
東宝50周年記念の「幻の湖」
東映の「北京原人」


監督:ジャック・ベンダー
出演者:ジャスィン・ホウェリン、 ペリー・リーヴス、 ジェレミー・シルヴァース、 トラヴィス・ファイン
収録時間:89分
レンタル開始日:2002-07-26

Story
冷酷な殺人鬼の魂を宿す殺人人形・チャッキーが、その秘密を知る少年アンディをつけ狙う、人気ホラーシリーズの第3弾。16歳になり陸軍学校の訓練生となったアンディの元に現れたチャッキーが、今度は年下の士官候補生タイラーの命を狙おうとする。 (詳細はこちら




1と2では子供だったアンディが16歳になりました。またまた、グッドガイ人形を製造してチャッキー復活。

2で人形に長くいすぎたせいで人間に戻れないってなってたのに、またアンディを追い掛け回します。

最初アンディを狙っていたはずが、いつの間にか別の子供に標的が変わってるやん。

最初のゴミ清掃車に入ったとき助け求めてるけど、自力で抜け出せるやん。

チャッキーが「本当にこの身体から出たい」などといいながら、人形で殺人をしてるのを楽しんでるように見える。

緊迫感も前作のほうがあった。

無題たしか人形になって一番最初に喋った人間にしかなれないはずだが、別の子供と魂のとりっこするとか。

まあ、シリーズが続けば設定がかわっていくのはしょうがないか。

まあ、3作目ともなるとマンネリ気味ですな


出演:
クリステン・ベル
ヴェロニカ・マーズ



エンリコ・コラントーニ
キース・マーズ



パーシー・ダッグズ三世
ウォレス・フェンネル



テディ・ダン
ダンカン・ケイン



ジェイソン・ドーリング
ローガン・エコールス



フランシス・キャプラ
イーライ・“ウィーヴィル”・ナヴァーロ



シドニー・タミーア・ポワチエ
マロリー・デント





高校生探偵、ヴェロニカ・マーズが活躍するテレビシリーズです。

アメリカの高校生は随分と大人びてるな〜とおもいつつ。主演のクリスティン・ベルは当時24歳だから大人びてて当然か。

このドラマ、コリンヌ・ボーラーが母親役で出演してるんだな。

誰やねんっΣ\( ̄ー ̄;)



46歳。さすがに老けた。若い頃は童顔でも年取ったら童顔じゃないな。それともメイクのせいか?

ゲスト出演だから殆ど出演シーンなし・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...



何気にストーリーがしっかりしてて面白い。

まだ9話までしか見てないが・・・

アメリカドラマ長いねん…( ̄。 ̄;)ブツブツ





監督:ジョン・ラフィア
出演者:アレックス・ヴィンセント、 ジェニー・アガター、 ジェリエット・グレアム、 クリスティーン・エリス
収録時間:84分
レンタル開始日:2002-07-26


Story
殺人鬼の呪いを吹き込まれた人形・チャッキーが人間を襲う。大ヒットした前作のスタッフが再結集した続編。殺人人形のイメージを改善しようとやっきになる人形会社の社長は、復元調査を試みるが人形にはいまだに殺人鬼の魂が宿ったままだった…。 (詳細はこちら



前回燃やした人形を再生するところから始まります。こんな余計なことするなや・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...



で、復活したチャッキーがひたすら追いかけまくります。人形から抜け出して人間になるために前作の子供を追いかけ続けます。

それだけです。

それだけの映画ですが、こっちのほうが緊迫感があるように思う。



映像も今回のほうがグロいようにおもう。



グッドガイ人形を作る工場。これだけで不気味。



必要以上に殺しすぎやろ。



相変わらずのターミネーターぶりを発揮しますが、溶けてるだけに気持ち悪い。

とまあ、たいしたストーリーはないが、ひたすら追いかけられるという緊迫感はなかなかあります。





監督:山崎博子
出演者:渋谷琴乃、 具志堅ティナ、 佐野史郎、 柳志乃
収録時間:80分
レンタル開始日:2004-12-22


Story
宗田理原作の『ぼくらの七日間戦争』のシリーズ第2弾。教師の理不尽な仕打ちに反発した7人の子供たちが、沖縄のとある無人島に渡り、奇想天外な作戦で大人たちに立ち向かう。前作に引き続き、先生役の佐野史郎など、演技派俳優が出演している。 (詳細はこちら



前作に引き続き佐野史朗が教師役ででています。しかし前作よりコミカルか感じです。沖縄に連れ戻しにいって、出張費請求したりするし。



おお、池田昌子ではないか。決して声優の池田昌子ではない。

池田昌子とかいて「いけだしょうこ」と読む。声優の池田昌子は「いけだまさこ」と読む



内藤剛志なんかも出演してるんだけど、



やっぱり子供たちは知らん人ばっかりや。

今回沖縄にいくから単にバカンスしてるようにも見えるし。

大人との戦いはそれなりに面白いが、前作に遠く及ばずといったところでしょうか。

監督:トム・ホランド
出演者:キャサリン・ヒックス、 クリスランドン、 アレックス・ビンセント
収録時間:87分
レンタル開始日:2001-07-05

Story
刑事に追われ、逃げ込んだ玩具店で最期を悟った殺人鬼は、傍らにあった人形を引き寄せ、不気味な呪文を唱え出した。やがて彼は壮絶な死を遂げる。数日後、6歳になったアンディは誕生日に母親から言葉を話す人形を贈られる。しかし、チャッキーと名乗るその人形には、あの殺人鬼の邪悪な魂が宿っていた! (詳細はこちら






昔見たときはもっと怖かったような気がするのですが、今見てもなかなかたのしめました。


人形のチャッキーの表情がなかなか怖い。


短い本編ですが上手くまとまっています。


無題



チャッキーが丸焼けになるのは結構残酷です。


しかし、強い。是では死なない。





無題焼けて頭だけになってもいき続けます。まるでターミネーター状態です。


結局心臓を打ち抜くまで動き続けます。


はい、怖いですね〜 恐ろしいですね〜。


 厳しい規律が敷かれた青葉中学で、11人の少年少女が自由を求めて立ち上がった。食料を持ち寄り廃工場に立てこもった彼らを、教師たちはあくまで校則のもとに解散させようとする。生徒たちは様々な手段で教師らを撃退していくが……。宗田理原作のライトな青春ドラマ。宮沢りえの映画デビュー作。佐野史郎、倉田保昭らが、アブナイ教師役で出演している。 

監督:菅原比呂志

出演:宮沢りえ



学校のやり方に反抗するために集団エスケープをするのは決してよいとはいえないが、映画だからこそ楽しめるのだろう。



この人はちょっと危ない役ばかりよね。なかなかよい。





倉田保昭大先生。暴力教師です。無駄に美しいハイキックを見せてくれます。



賀来 千香子 唯一生徒に人気の先生ね。ちょっと厚化粧・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ..

教師役はそれなりに有名な人ばっかりやねんけど

.

生徒役は宮沢りえ以外しらんのばっかりやね。



なんでかしらんけど、自衛隊の落し物。戦車。是を中1が修理して運転できるのか・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...



VS機動隊。中学一年生ごときにプロフェッショナル機動隊相手に戦えるのか?

まあ、映画やからね。



「殺せー 早く捕まえて殺せー」って校長先生暴言にもほどがある…( ̄。 ̄;)ブツブツ

まあ映画やからね



いきなりドラゴンムービーに・・・って

宮沢りえの蹴りにやられるなよ…( ̄。 ̄;)ブツブツ



最後は戦車の砲台から花火が。花火はどうやってつくってん

まあ、映画やからね・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...



こんな仕掛け花火つくるのにどんだけ金かかるねん…( ̄。 ̄;)ブツブツ

まあ映画やからね・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

なにげにTMNの曲良かった・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

監督:チャン・メイシュン
出演者:倉田保昭、 タン・パオユン、 ハン・インチェ、 コー・チャン
収録時間:82分
レンタル開始日:2009-10-20

Story
日本未公開のカンフー映画をDVD化した「G-1〜功夫電影ゴールデンセレクション〜」の第2弾。空手、柔道、合気道の技を自在に操る倉田保昭が、憎たらしくも強い悪役を熱演。昔の裏切り者に復讐するため脱獄した倉田たちがシャバで非道の限りを尽くす。 (詳細はこちら




このメーカーさんはチャレンジャーです。よくこんなマニアックな作品をDVD化するきになりましたね。倉田保昭は確かに悪役で大成功したスターだが、一般の知名度は殆どない。

この作品も徹底した悪役。刑務所から脱獄して、助けてもらった爺さんを殺して家に放火して。。。

この時代の香港映画にストーリー的な面白さを求めるのは無理だが、アクションの面白さもない。

功夫電影ゴールデンセレクションって何本リリースされたのかしら?よほどの物好きか倉田保昭の大ファン以外は見れない。

82分しかないのに妙に長く感じた。疲れた・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...





ストロングな美人のお姉さんです。



このシーン。子供がじじいに変装して遊廓に行くシーンだが、ありえません。こんな変装に騙されるなよな…( ̄。 ̄;)ブツブツ

監督:本多猪四郎
出演者:池辺良、 久保明、 水野久美
収録時間:88分
レンタル開始日:2004-11-12

Story
妖星ゴラスが地球に接近し、地球は危機的状態に陥る。回避手段は、南極にジェット噴射口を作り、地球をロケットにすることだった。 (詳細はこちら




ゴラスが地球に接近し人類絶滅の危機。で、ゴラスを爆破するか地球が逃げるか。

当時の特撮も今見るとミニチュアバレバレなんですが、もうちょっと上手くできなかったのかな〜?

それはおいといて、地球を動かすっていつ決定したんだ?いつの間にかその方法にきまっちゃってるのね。

あと主人公が記憶喪失になる必要があったのだろうか?その辺がちとわからない。もうょっとストーリーを練り上げてほしかったかも。

まあ、いろいろ制約もあるでしょうからしょうがないか。全体的にみて当時としては良く出来てると思う。



このシーンは海外版ではカットされたとか?当時怪獣映画全盛だから出さざるを得ない状態だったとか・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...



テレビ電話が既に実用化されています・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

時代を先取りしてますな〜

監督:ホー・メンファ

特技監督:有川貞昌

出演:リー・シュンシェン イヴリン・クラフト クー・フェン 

 ヒマラヤの奥地で北京原人存在の噂が持ち上がった。悪徳興行師のルーはさっそく若い探検家ジョニーを送るが、彼がそこで見たものは巨大な北京原人と彼に20年間育てられたブロンド美女サマンサだった。ジョニーの説得によって香港へやって来るサマンサと原人。だが、好意を持っていたジョニーが昔の恋人とヨリを戻した事を知って失意のサマンサに、ルーが襲いかかる。怒った北京原人は鎖を引きちぎると香港の街へ躍り出た!



東映の北京原人を借りたつもりだったのだが、間違えて香港の北京原人を借りてしまった。

まあ、こっちのほうが古い映画なんだけどね〜。



何の予備知識もなく見たがなかなか面白い。この時代の映画にきちんと日本語吹替を収録するなんぞ、キングレコードさんはいい仕事してます。

キングコングを香港でやっちゃたのよね。ただ、本家本元のキングコングを見たことがない。部分的に有名なシーンはしってるけど。あと、東宝のキングコング対ゴジラぐらいしか見たことがないな。

ストーリーはシンプルだが、とにかく突込みどころは満載。

ペキンマンとターザン女は幼馴染なんですよ。で、ペキンマンはなんで身長50mもあるねん?





ターザン女、こんな格好で香港のまち歩くなや…( ̄。 ̄;)ブツブツ



最後は酷い。

ジャングルに帰ろうとしているペキンマンとターザン女。

おとなしくなったとみるやすぐに総攻撃。

「殺せ!殺すんだ!どんなことをやっても殺すんだ」



主人公のジョニーと女ターザン、ペキンマンにヘリから総攻撃。

そのままビル爆破で皆死んじゃった・・・



と思ったら、何故か主人公だけ生き残った・・・





 監督:ジョン・ウー

出演:トニー・レオン 金城武 



ジョン・ウー監督の超大作。全編約5時間。長すぎ・・・

三国志のストーリーを映像化するにはこれでも短いのかもしれないが・・・。





とはいえ映画用にストーリーも脚色されているだろうから、どこまで史実に基いているのかはわからない。

今までの人生で三国志に興味を持ったことがないので。小説も漫画もゲームも、とりあえず三国志と名のつくものに触れたのは今回が初めてだったりして。

パート1とパート2がセットの映画でやはり後半のほうが面白い。

しかしこういった壮大なスケールの映画はやはり映画館で見るべきだろう。自宅の小さい画面では満足できない。

5.1ch音声も防音環境のなされていない状況では大音量にできないし、迫力が足りない。

映画館で見るために作られた映画でしょう。







演出:楠田泰之 永山耕三
脚本:野島伸司
出演:陣内孝則 小泉今日子 柳葉敏郎 藤田朋子 近藤敦 田中律子 和久井映美

第1話 青春爆発!先生だって恋をする
第2話 危険!うちの生徒に手を出すな
第3話 京都修学旅行の夜は大混乱だ!
第4話 裸で告白!僕は君が好きなんだ
第5話 熱闘!愛と炎のトライアスロン
第6話 興奮!教育実習生は女子大生だ
第7話 赤ちゃん抱いて授業はつらいぜ
第8話 日米親善!交換留学生が来たぜ
第9話 感激!今夜は美女とお見合だ
第10話 クリスマスは愛と涙と感動だ!
+「愛しあってるかい!スペシャル」

おそらく人気のあったテレビドラマ。コメディドラマとしては今見てもそれなりに面白い。

陣内のような先生がいたら結構学園生活も楽しいかもしれない。

スペシャル番組は初めて見た。まあ、スペシャルはそれほど面白いものでもなかったが。

しかし、やたらテンションが高い。結構疲れる。実際に演じてる人はもっと疲れるだろうが・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

野島伸司がコメディの脚本を書いていたことが驚きかもしれない。





監督:ダニエル・リー

出演:アンディ・ラウ サモ・ハン マギー・Q



たしかレッドクリフと同じ頃に劇場公開されています。レッドクリフのおかげか、レッドクリフのせいか、全く話題にならず人知れず劇場公開されました。

全く三国志を知らない私にとってあまり興味のない映画ですが、 洪金寶が出演しているならとりあえず見ておこう。

劉徳華が趙雲を演じています。で趙雲をメインにした物語展開です。洪金寶演じる羅平安はどうやら架空の人物らしい。

しかし、私のように三国志を全く知らない人間だと是が三国志だと思ってしまうかも・・・。

洪金寶の吹替は水島裕がやっています。しかし、洪金寶は結構低い声で甲高い水島吹替はあわない。昔のように喜劇映画なら水島吹替でよかったんだけど、最近はシリアスな役柄が多いからね〜。

そもそも戦国ものとか武侠ものとか好きじゃない私にとってはあまり面白くない。

が、サモ・ハン演出のアクションシーンはなかなかよい。CG全盛の時代にしては結構昔ながらの撮り方をしているだろう。



監督:楊吉友

出演:丁嵐



丁嵐が主演している数少ない映画ですが、これまた字幕がない。丁嵐の出演映画で見たのは「少林寺」「少林寺2」「侠女十三妹」だけ。

丁嵐は少林寺のヒロインで有名ですが、続編の少林寺2では脇役です。任女十三妹では単独主演で3D映画として上映されました。これは日本語吹替でビデオ化されています。

91年にシンガポールにわたりテレビなどに出演しているらしいが、シンガポールの番組なんて日本では見れない。2001年から北京で女優をしているようだが、彼女の出演映画は日本で見かけたことはない。



オープニング大道芸のシーンから始まります。この棒を回す芸は雑技のビデオで見たことがあるが見事です。

ストーリーは単純な復習劇のようです。



緑のほうが丁嵐でございます。赤いほうは知らん。



殺された父?の葬式。白い服を着るところが中国の文化です。



馬の曲乗りで稼ぎます。昔サーカスが曲馬團って言われていたのはここから由来するのでしょう。

結局稼ぐ前に邪魔がはいるんだけどね・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...



で、ストーリーは良くわからないが、アクションシーンは結構多いし、丁嵐も活躍してくれます。

しかし、83年製作と言うことを考えると撮影や編集が雑で中国映画が相当に遅れていたのを感じさせられます。



監督:サモ・ハン・キンポー

出演:サモ・ハン・キンポー ディニー・イップ



当時、サモ・ハン・キンポー主演作品は全てデブゴンのタイトルになってたのは周知の事実です。

デブゴンシリーズの多くが時代劇なのに対しこの作品は現代劇。

ピックポケットはスリの意味です。デブゴンの職業はスリ。

主題歌が結構良い感じです。どことなくサミュエル・ホイっぽい。



ディスコのシーン。これチャップリンの黄金狂時代をそのままぱくってます。

他にもどっかで見たようなシーンとか結構あったりして。

北京語と広東語でBGMが違う場所ありますね。



サモハン大活躍です。実はサモハンって脇役が多く主演級に活躍する作品は少ない。



最後は窃盗罪で実刑。ドジばっかりしてたリチャード・ンはサモ・ハンを捕まえたことで昇格。

それはいいけど、船のシーンで人殺してるねんから殺人罪もあるやろ…( ̄。 ̄;)ブツブツ



ちなみにディディ・パン(澎秀霞)はユン・ピョウの奥さんです。



> <

監督:中原俊

出演:小泉今日子 石橋凌



昔見たときはもっと面白い映画だとおもったが、改めて見るとそれほどでもない。

決してつまらないというわけではないが。

キョンキョンのアイドル映画なら怪盗ルビィのほうが面白い。



人たくさん死ぬし、あんまり好きじゃないな〜

中原俊監督作品ってもっと好きだったはず。櫻の園も改めて見ないほうがいいかもしれない。

予告編だけはやたら格好よかった。やっぱり映画って予告編が一番面白い。

出演者:水島裕、 神代智恵、 三ツ矢雄二、 安達忍
収録時間:100分
レンタル開始日:2010-08-04

Story
ファミコンの達人・高橋名人をモデルにした冒険アニメ第1巻。幽閉されたゲームの世界の有名人・高橋原人を助けるべく、妖精・ハニーはワンナップ、ミドリ、ダルの3人をゲームの世界に連れて行く。第1話「高橋原人・バグられた!?」から第4話を収録。 (詳細はこちら


普通のサラリーマンの高橋名人をモデルに作られたアニメです。当時の高橋名人ブームは凄いものがありました。原人の声を高橋名人がやるって話もあったらしいが、結局プロの声優の水島裕がやっています。
コロコロコミックでアニメの存在自体は知っていたが見るのは初めて。ゲームの中に入って冒険するってストーリーは子供の頃にみたら面白かったかもしれない。
ところどころにハドソンのゲームキャラが出てくるのも子供にとっては嬉しいだろう。全51話も見るのは大変なのであとは最終回だけ見ればいいかな~とも思ってしまう。
後に発売されたファミコンBugってハニーは変なブロック崩しゲームになってしまったが、このアニメをベースにアクションゲームに作ってくれたほうが面白かっただろう。

監督:華山

出演:李賽鳳 シン・フィオン



こんな映画があるなんてしらなんだ。天使シリーズ。別にシリーズってわけじゃないけど、1本ヒットすると似たような映画ばっかり作る香港のやり方ですね。アメリカ版DVDなんだけど、字幕がない・・・。いや、英語でも中国語でも字幕あれば少しはわかるかな〜って。

てことで殆ど映像をおうだけになってしまうのだ。



李賽鳳、髪型がいつもと違います。



こっちのほうが素敵かな。この映画、群狼大戦のあとの作品だけど火傷の痕はないですな。上手く整形できたようでよろしくってよ。

功夫アクションは相変わらずいいです。途中バイクに乗ってますが、いまいちスピード感がない。



後半は迷彩服です。いつもどおりのダークな映画です。

ストーリー的な面白さはよくわからんが、アクションシーンだけはそれなりにいいです。

でも知ってる役者が全然でていない。



今は亡きシン・フィオンぐらいしかしらない。

とりあえず、李賽鳳のファンなら一見の価値あり。

 





危機一発ってタイトルはわざと間違えたのだろうか?ブルース・リーのドラゴン危機一発を意識したのか?

正しくは危機一髪でしょ。

オープニング、香港なんだけどめっちゃ北京語しゃべっとる。

ストーリー的な面白さはないが、この時代の功夫映画にストーリーを求めることじたいが意味のないことでしょう。

もともとアンジェラ・マオイン主演で作る予定だった女必殺拳シリーズですが、アンジェラ・マオインより志穂美悦子の方が綺麗やん。



1作目がどんな作品だったか全く覚えていないが、今回はぐろいシーンもあります。



倉田保昭大先生です。今回はサイをつかっています。七福星のときもサイつかってたな。得意なのかしら?

倉田先生、服脱ぐとやたら強くなる。この動きは明らかにブルース・リーを意識している。しかし、全然パンチ当たってないのにどんどん倒れていくねん。もうちょっと上手く撮ってくれ・・・・・( ̄。 ̄
)ボソ...

荒唐無稽映画であることには間違いないが、志穂美悦子のアクションは評価したい。




監督:ゴア・ヴァービンスキー
出演者:ジョニー・デップ、 オーランド・ブルーム、 キーラ・ナイトレイ、 チョウ・ユンファ
収録時間:169分
レンタル開始日:2007-12-05

Story
ジョニー・デップ主演によるアクションアドベンチャーの完結編。次々と海賊たちを葬り去り、世界制覇を目論む東インド貿易会社のベケット卿に立ち向かうため、海図を手に入れたブラックパール号の乗組員たちは“ワールド・エンド”を目指す。 (詳細はこちら


見る順番間違えたな。是はどうやら完結編らしい。 タイトルに数字つけてくれ・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
本編169分。長すぎ・・・
しかもジョニー・デップ脇役でっせ。
何でこの映画人気あったのかわからん。でも4作目も出来る噂もある。
ストーリーもよくわからん。
なんかグダグダやね。

デッドマンズ・チェストもみようと思ったが、30分で挫折。
時間の無駄だな。