監督:山崎貴
収録時間:145分
レンタル開始日:2008-05-16

Story
西岸良平の人気漫画を映画化した感動ドラマの続編。昭和34年春。ヒロミを想いながら淳之介と暮らす茶川の下に、川渕が再び淳之介を連れ戻しにやって来る。茶川はヒロミと淳之介のため、芥川賞受賞を目指して執筆を始める。(詳細こちら


前作からの正統な続編。前作を見ていないと少し判りにくいかも。
オープニング東宝スコープのロゴの後にゴジラが出現。全部CGで作られてるようで
破戒シーンの迫力はいまいち。ゴジラの造型も平成版に近い下半身太り。昭和30年代のゴジラの雰囲気ではない。
まあゴジラ映画ではないからこの部分を突っ込んでもしょうがないけど。

それなりに面白いし感動もします。でもストーリーはありきたりで先の展開が読めます。
まあ悪くないんじゃない。

ヒロミ役は鈴木京香とずっと思ってたが小雪だった。