アメリカ版ゴジラ。映画館で見て以来だから10年振りぐらいだろうか。

日本版ゴジラとは根本から違い、動きも早く口から放射能を吐いたりしません。

非常に動物的で軍用ヘリから逃れるときもニューヨークのビル街をすいすいと走り抜けていきます。

日本のゴジラのように破壊しながら歩かない、障害物はきちんとよけます。



ゴジラというより巨大トカゲ。ゴジラ映画ではなく恐竜のパニック映画として作ったほうがよかったのでは?

映像に迫力もあるしアメリカらしくテンポのいい娯楽作品ですが、ゴジラ映画としてみると良くないかも。



小さいゴジラがわんさか。恐ろしい。



時速480キロで走れるのに何故かタクシーに追いつきません。つり橋に追い詰められ

ミサイルを打ち込まれてゴジラ死す。皆大喜びです。日本版ではありえません。日本のゴジラはミサイルごときで死にません。ゴジラが死んでも誰も大喜びしません。

最後に卵から産まれて終わり続編が出来そうな雰囲気だったが、興行的に悪かったせいか続編はなし。



収録時間:138分
レンタル開始日:2004-11-12

Story
日本が生んだ「ゴジラ」のハリウッドリメイク版。核実験の影響で誕生した新種の巨大怪獣・GODZILLAが、マンハッタンで大暴れする。(詳細こちら