監督:本多猪四郎
出演者:池辺良、 久保明、 水野久美
収録時間:88分
レンタル開始日:2004-11-12

Story
妖星ゴラスが地球に接近し、地球は危機的状態に陥る。回避手段は、南極にジェット噴射口を作り、地球をロケットにすることだった。 (詳細はこちら




ゴラスが地球に接近し人類絶滅の危機。で、ゴラスを爆破するか地球が逃げるか。

当時の特撮も今見るとミニチュアバレバレなんですが、もうちょっと上手くできなかったのかな〜?

それはおいといて、地球を動かすっていつ決定したんだ?いつの間にかその方法にきまっちゃってるのね。

あと主人公が記憶喪失になる必要があったのだろうか?その辺がちとわからない。もうょっとストーリーを練り上げてほしかったかも。

まあ、いろいろ制約もあるでしょうからしょうがないか。全体的にみて当時としては良く出来てると思う。



このシーンは海外版ではカットされたとか?当時怪獣映画全盛だから出さざるを得ない状態だったとか・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...



テレビ電話が既に実用化されています・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

時代を先取りしてますな〜