監督:水田伸生
出演:阿部サダヲ 竹内結子


何の予備知識もなくみました。

オープニング、登場人物たちの背景が語られるがやたら長い。
タイトル「なくもんか」がでたとき、思わず「長いわ」といってしまった。

正直、だらだらした展開で面白くない。喜劇として時折笑える部分もあるが、それとてそれほど面白くない。
良かったのは竹内結子が結構格好よかった。それだけ。
最後に、本当に兄が舞台に上がるが観客はあれで納得したのだろうか?
最後のネタのシーンがやたら長い。
別にクドカンが嫌いというわけではない。「吾輩は主婦である」は大好きな作品である。
しかし、冗長でつまらない。90分ぐらいにまとめてくれればもうちょっと見れたかもしれない。