監督:北野武
出演:ビートたけし 樋口可南子

裕福な家庭に生まれた真知寿は、幼い頃から絵を描くことが大好きで、“画家になる”夢を抱いていた。しかし、ある時父の会社が倒産し、さらに突然両親が自殺したことで環境が一変。芸術に無理解な叔父の家に預けられ、辛く孤独な少年時代を送るハメに。そんな真知寿にとって、画家になるという信念だけが生きる支えだった。しかし大人になってからも、思いとは裏腹になかなか画家として芽が出ない日々が続く。そんな彼はある日、ひとりの理解者、幸子と出会う。彼女は絵を描くことしか知らない純朴な真知寿に惹かれていった。やがて2人は結婚、真知寿の夢は夫婦の夢となり、成功を掴むため様々なアートに挑戦していくのだが…。



「This is it」がやたら評価が高いのに全然楽しめなかった。
この作品の評価は微妙なものが多いが個人的には大いに楽しめた。

少年時代は普通。裕福な子供が父の会社が倒産して孤独な少年生活を送る。まあよくあるお話し。
成長した青年期は柳ユーレイが演じております。すでに青年というにはきついような気もするのですが。
全く覇気の感じない青年ですが、一応本気で画家を目指してるらしい。
中年期がビートたけし。
絵が売れないままの芸術家がどうなっていくのか。この辺が気になって見入ってしまった。
父親としては最低だが、いくつになっても一つのものを目指し続けるのはある意味すごい。
最後に一枚でも売れればいいが結局最後まで売れず。とことん救われない。
唯一、最後になぜかわからないが奥さんが戻ってきたのが救いだろう。

途中、大竹まことが「芸術なんて所詮まやかしだよ」って台詞あるけどまさにそのとおりだと思う。

物の価値って誰が決めるんだろうね。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック