何度も見ているが、ライジングドラゴンを見て改めてシリーズを見直そうと思う。
blu-rayはずいぶん前に購入していたが、未見のままだった。
本編は広東語5.1chと日本語2.0ch。吹替えはたぶん新収録。テレビ放送時とは違う。
日本公開復刻版はVHSかな?画質悪い。音声は英語と日本語。
ご存知のとおりジャッキーが頭蓋骨骨折した有名な作品。

髪の毛の短いジャッキーは当時珍しい。短いほうが格好いいような・・・。

ジャッキーを演じるのはジャッキー・チェン。人気歌手のアラン役を歌手のアラン・タムが演じております。
そのままやんけ。
ローラ役はローラ・フォルネル・・・じゃなく、關之琳

途中までエリック・ツァンが監督してたのは意外と知られていない。
オープニングはかなり髪の短いジャッキーですが、原住民から逃げてる途中にいきなり髪の毛が長くなります。エリック・ツァンの撮影した部分はほとんど削除して撮り直した模様。さらにはジャッキーが死んだときのためにアラン主演で撮影が続いてたと聞く。


相方のアランがとことん役に立たない。むしろジャッキーの足をひっぱってばかり。
そして、ジャッキーの信じる神はマネーというとてもヒーローとは思えないような発言。
ライジングドラゴンでも「money money money♪」なんて歌ってたし。

最後に戦うのがアマゾネス軍団。アマゾネスが出てくる映画で名作って存在するのだろうか?
子供の頃は純粋に楽しめたが大人になってみるとどうにもだるい。なんだろう?アクションシーンはいいんだけど他のところがね〜、


關之琳ショートのほうがよい。

主題歌がアラン・タムのローレライなんだけど、フジテレビ放送時はジャッキーのフライト・オブ・ドラゴンだった。
やっぱりフライト・オブ・ドラゴンのほうがいいな〜。

ご存知のとおり日本で公開されたのは英語吹替版。広東語版、北京語版も当然吹替え。
アメリカ版だけはジャッキー本人の声です。アメリカ版はBGMもすべて違い、アメリカ映画を見てるような感じです。
音楽が違うだけで全く別の映画に感じるのが不思議です。
見比べていただきたい。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック