レンタルにおいてなかったのでわざわざBlu-rayかったんだけど・・・
相変わらずよくわからない。
石井映画は昔っからよくわからない。コアなファン以外は見てはいけない。
わけわからなくても、面白いものってあるや。
「狂い咲きサンダーロード」とか「逆噴射家族」とかキレっぷりがすごい。
もっとさかのぼると8mmの「高校大パニック」とか「88万分の一の孤独」は見ててもわかりやすい。

同じ作家の作品をずっと見続けると、同じことをひたすら繰り返す人と、どんどん変化してる人がいて面白い。
どんどん難解な方向に進んでる人とかもいてね。タルコフスキーの「ストーカー」なんてわけわからんもんな。
「ローラとバイオリン」や「僕の村は戦場だった」なんてとてもわかりやすい。
こんな作品とってたんだな〜って。

話はそれまくりだが、シャニダールの花が全然面白くなくて。
ただ、役者の魅力救われてる部分もある。
それとなんか短編映画「Heart of stone」っぽいところがあってなかなか雰囲気はすきである。

超個人的な見解だが石井映画はエンジェル・ダストまでが好きなんだ。

とりあえず、もう一度見てみようと思う。
繰り返し見てるうちに深みがでて面白く感じるようになるかもしれない。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック