製作年度 : 2011
製作国 : スペイン
監督 : ペドロ・アルモドバル
キャスト : アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ

全身肌色タイツの女性が出てくるわけ。。

これがまた強烈な映画でして。ご存知の方は知ってると思うが、ご存知でない方はまったく知らない、ペドロ・アルモドバル監督作品。
近年まれにみる、ドン引きするようなストーリーでして。

(あらすじ)
最愛の妻を亡くして以来、完ぺきな肌の開発研究に打ち込む天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)。あらゆるモラルを打ち捨ててしまった彼は、ある人物を監禁して禁断の実験に取り掛かることに。それは開発中の人工皮膚を全身にくまなく移植して、被験者を亡き妻へと作り変えてしまうことだった。着々と妻の代役を創造させていくロベルだったが、思いも寄らぬ事態が起こってしまう。(以上、シネマトゥデイより)

この亡き妻そっくりに整形されたのが誰かってことで。
ロベルの妻の自殺を目のあたりにして、一人娘は精神を病んでしまう。
娘はある日パーティで出会ったビセンテに強姦されてしまう。のちに娘は投身自殺。
復習に燃えるロベルがビセンテを拉致監禁して膣整形手術をしちゃうわけ。
おそろしや・・・。

変態映画なんだけど、サスペンスとして面白い。
ペドロ・アルモドバル監督は毎回裏切らないね。

続きは見てください。